沿革

2015
台北にて研究開発センターを設立。
2014
台北科際精密有限会社を成立。
アモイ工場はVDA6.3審査を通過。
2013
第三期工場を新築、ゴム部品の生産能力を増加。
2012
第二期工場を新築、金型、プラスチックとゴム部品を生産開始。
2010
ミニポンプはドイツ発明特許を取得、アモイ工場はISO/TS16949を通過。
2009
ミニポンプは台湾で多項目の特許を取得。
2008
エアポンプ、液体ポンプとソレノイドを増産。
2007
廈門科際精密有限会社を成立、第一期工場を新築。
2005
環境管理システムISO14001:2004を通過。
2003
アモイ市初代高新技術企業に認定。
2002
ミニエアポンプはアメリカの二つ特許を取得、アモイ工場はアモイ市開元区科学技術賞を受賞。
2001
品質管理システムISO9001:2000を通過。
1998
アモイ工場にてエアポンプとバルブを生産開始、品質管理システムISO9002を通過。
1997
台湾初の小型ポンプを開発。
1993
廈門科際電子有限会社を成立、生産開始。
1985
変圧器を生産開始、光宝集団のサプライヤーに進入。
1978
台北で科際器材工業股份有限公司を成立、小型コイルを生産販売。